古い印刷ロボ飼ってます。YAMAZOE PRINTING INC. 活版印刷 イロムラ印刷 デザインetc.

Blog
やまもと
テキンで作ろう!素敵な活版アイテム!

greeting

 

さて、本日はTHE LETTER PRESSで出来る「活版印刷×レザーアイテム」のご紹介をします。

革に活版印刷をやってみたい!とお声がけいただくことが多いので、実際に作ってみました。
わたしもレザークラフト初心者なので、そこ違うよ~って箇所を見つけても、大目にみてくださいね。
上手に仕上げるコツや素敵なアイデアをお持ちのかたは、ぜひ教えてくださると嬉しいです。

 

 

裁縫要らずのレザーアイテム

Step.1 ハギレ
いきなり革に印刷してしまうと失敗したときの代償が大きいので、まずは本番の前に、革のハギレで練習してみましょう。
いろいろ試してみたらコツが掴めたのでメモしておきます~~

photo3

Point
・シボ(しわ)が少なくて手触りが滑らかな革の方がしっかりへこんで、インクのりもGood
・革によってインクの乾きが遅いものがある。 ☞ その時は速乾インクがオススメ
・マグネ版より活字の方が簡単に印刷できる。 ☞ 理由は下記に記載。

 

・活字の方が印刷しやすいワケ

han

活字とマグネ版では彫りの深さが違うので、思いっきりへこみを出したいときは活字が向いています。
練習もほとんど要らないので、とても扱いやすいです。

 

マグネ版を使用するときは、圧をかけすぎると余白部分の跡がついてしまう可能性があるので、
圧を弱くしてインキを綺麗にのせるイメージで印刷すると仕上がりが良くなります。
こちらはコツを掴むのに何度か練習が必要だと思うので、ハギレを持ってきていただくことをオススメします。

atsu

 

Step.2 キーリング
コツをつかめたら、ワンランクアップしてアイテムを作ってみましょう。

key

こちらは、好きなカタチに革を切って、活字で空押し(インクを入れない印刷)を施したキーリングです。
空押しはインキを使わないため、手軽に印刷することが出来ます。
ハサミで切りっぱなし、コバ処理などもしていませんが自分用なのでOK
穴を開けてカシメとリングを取り付ければ完成! 所要時間20分程です。

活字は 鍵= Key を選びました。シンプル イズ ベストな仕上がりです。
名入れや、HOME / WORKSなど用途別の文字を選ぶのもいいですね。

革や活字の選び方次第で印象も大きく変わるので、色んな組み合わせを楽しめそうです!

 

Step.3 コインケース
作業に慣れてきたら、遊び心も少しプラスしてみましょう。

coincase2

つくりかた:http://almostmakesperfect.com/2016/06/07/diy-triangle-leather-pouch/
こちらは英語サイトですが、「レザー 三角 コインケース」などで検索すると日本語の作り方もたくさんヒットします。

 

さんかくコインケース

こちらは、女性が持ちやすいデザインをコンセプトに作りました。
普段は渋い色ばかり選んでしまうのですが、今回はパステルブルーをチョイス
活字も大人っぽくて素敵なイタリック体を選びました。
型紙より少し小さめに作ったので、私の手でも持ちやすいサイズ感です。
我ながら上出来! 拍手を送りたいです!

 

まぁるいコインケース

ブランドロゴのような活字がとても格好良くてセンスを感じます!
黒のインキと茶色の革も相性抜群。

革の種類にもよりますが、シボがある革の場合は空押しが上手く出来ないので、
速乾インキを使うのがおススメです。

レザークラフトの材料は東急ハンズさんに行くと揃うのでオススメですよ。

 

 

最後に、他の素材にも印刷した例を載せておきます。

photo2

手帳
ネイビーとシルバーの組み合わせを生かして、名入れをしてみました。
文字がとってもかわいいんです。
2つのフォントの活字を組み合わせたので、文字の高さが綺麗に揃ってませんが、それも愛嬌ということで!

BOX
文房具を収納するマグネットボックスです。ミズイロが気に入ったので、名入れをしてギフト用のボックスにしました。
台紙に適度な厚みもあるので、活版にぴったり。
普通のハコは形状の仕様上どうしてもテキンに挟むことができないのですが(展開した状態ならOK)、
こちらのBOXはフタの形が平べったいので、テキン(活版印刷機)に挟んで印刷することができました◎

 

 

活版印刷 × ウェディングアイテム

さて、ここからはTHE LETTER PRESSでレザーアイテムを作ってくださったお客さまのお話をさせていただきます。
活版印刷機レンタルの流れも書いてますので、ぜひご参考に~~

 

ある日、お店に1本の電話がかかってきました。
どうやら、作りたいアイテムのご相談があるそうです。
お話を聞くと、同僚の方の結婚式のお手伝いされるそうで、席札の代わりのレザータグを120様分作りたいとのことでした。

おぉ、結構力仕事の予感です!

お話を終えた後は、活版印刷機レンタルのご予約日時や、準備のご相談などをメールでやりとりさせていただきました。

当日飛び込みでレンタルすることも可能ですが、事前にご相談していただく方がベターです。
アイテム相談、デザインの提案、紙のご準備、マグネ版の手配etc. スタッフがお手伝いさせていただきます!

 

0509

 

わたしもお名前の活字を拾う作業をお手伝いさせていただきました!
たくさん印刷される予定だったので、完成まで2日程かかる見込みでしたが、無事に1日で終えることが出来ました。
ホッとしました。とても素晴らしいです。

写真 2019-05-09 16 18 06

お店での作業はここまでですが、戻ってから革のベルトを通してタグを仕上げる作業があります。もうひと頑張り!
席札は持ち帰って、そのままラゲッジタグとしても使えそうですね。グッドアイデアに拍手です。

素敵な結婚式になるといいですね☺︎

 

 

~後日談~

tag

完成品のお写真を送っていただきました!

紐を通すとがらりと空気が変わって、タグらしくなっています!素敵!
小さなメニューが綴じられているのも、とってもかわいいですね。

使っていただいてる場面を見ると嬉しくなってしまいます。
この度はありがとうございました~~

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか?

THE LETTER PRESSの活版印刷機では、普段はできないちょっと変わった使い方も大歓迎です!
名刺やカード以外にもこんな使い方ができるんだ~~と思ってくだされば嬉しいです。

デザインやアイテムのご相談は、店頭、TEL、メールにて承っております。
お気軽にどうぞ!

 

THE LETTER PRESS
〒536-0007 大阪市城東区成育3-5-16
TEL:070-3105-1388
Mail:letterpress@yamazoe-p.jp