古い印刷ロボ飼ってます。YAMAZOE PRINTING INC. 活版印刷 イロムラ印刷 デザインetc.

Works活版印刷とオフセット印刷と天金加工でオリンピック!?

セメントプロデュースデザイン 様/名刺

蜷咲ァー譛ェ險ュ螳壹ヵ繧ゥ繝ォ繧ソ繧・IMGP6655_re

蜷咲ァー譛ェ險ュ螳壹ヵ繧ゥ繝ォ繧ソ繧・IMGP6606_re 蜷咲ァー譛ェ險ュ螳壹ヵ繧ゥ繝ォ繧ソ繧・IMGP6633_re 蜷咲ァー譛ェ險ュ螳壹ヵ繧ゥ繝ォ繧ソ繧・IMGP6640_re

  • Letter Press
  • Light Offset
  • Others
ITEM 名刺21種
SIZE W:100×H:148㎜
PRINT 表面:活版印刷 1c 裏面:オフセット印刷 1c+箔押し加工
PAPER 気包紙C-FS ミディアムラフ 295k
PROCESSING 天金加工(小口金)
DESIGN セメントプロデュースデザイン

大阪京町堀・東京墨田を主な拠点とするデザインプロデュース会社、「有限会社セメントプロデュースデザイン」様の2019年度の名刺を制作させていただきました。

今回のテーマは2020年の東京五輪を見据え「国旗」とのこと。

仕様を決定する前段階からご相談いただき、側面に金を付けたいとのご要望は”小口染め”とは異なる”天金加工”を提案。
予算もクリアできるよう紙もコーディネートいたしました。

表面は活版印刷1色刷り。ぱっと見は黒、よく見れば紺色、のような紺。
裏面はオフセット印刷1色刷り。赤でも深みのある赤に。
紙は天金加工が映えるよう厚さがあるものを使いたい。

ある程度厚みがあって、風合いもあり、発色がよく、活版の良さが出て、オフセット印刷で刷れる厚さ、尚且つ予算を叶えるものとして、「気包紙」を提案しました。

色校正の際には気包紙はC(コート)とU(アンコート)の両方を出して比較、より発色のいい「気包紙C」に決定。

天金加工と全ての工程で印刷のサイズと現場が異なった点とコストの調整が難しい案件でしたが、とても贅沢かつ個性的な名刺に仕上がり、ご満足いただけました。
PD:野村

 

セメントプロデュースデザイン様のHPでもご紹介いただいております。
http://www.cementdesign.com/?portfolio=cement_businesscard

東京墨田区の「コトモノミチatTOKYO」へも是非!
https://coto-mono-michi.jp/